御社の企業再生を応援します!|フィデリ・企業再生

御社の企業再生を応援します!|フィデリ・企業再生


  • 企業再生TOP|企業再生
  • 資金繰りTOP|資金繰り

株式会社フィナンシャル・インスティチュート|企業再生

  • 企業再生
  • 企業再生TOP|企業再生
  • 企業再生TOP|企業再生
  • 企業再生TOP|企業再生
  • 企業再生TOP|企業再生
  • 企業再生TOP|企業再生
  • 企業再生

企業再生への道のり

経営状況が悪化し、経営改善ないし再生を必要とする企業に対して行われる支援は、大きく4つの種類に分けられます。

「現状把握」 (経営環境分析、企業分析)

企業をめぐる経営環境は景気、産業、金融の動向、関連情報、公的支援情報などの資料から分析を行います。企業分析は異常値の発見を主眼に置き、各種財務分析や同業他社との比較分析によって異常値を検出し、さらにその詳細まで検証を進めることにより、企業の特徴を把握するのが一般的です。
分析結果を十分に検討し、企業の経営改善再生計画を立案する際の前提となる基本要因を探ります。

「経営課題の明確化」 (経営困難要因分析)

経営困難となった企業には、現在の状況に至るまでに何らかの要因があったことは間違いありません。重要なのは、その要因を正確に把握し、克服策を検討することです。要因が財務面にあった場合には財務分析によって把握することができますが、質的な面にある場合には、内部環境分析による把握が必要です。

「経営改善再生計画の策定」 (事業再生手段の検討、計画策定)

経営困難となった要因を把握した上で、企業の経営課題を明確化して、問題点の見直しを実施します。自力再建が可能かどうかについても、経営改善計画を策定して検討します。
計画の策定については、経営課題を明確化した上で経営課題の取扱方針を検討し、その方針に沿った経営目標を設定します。

「計画の実行支援」

目標達成に向けての具体的施策をスケジュール化すれば、あとは計画を実行するのみです。

企業再生の実現には、現状を知るところから始まり、
課題を浮き彫りにして改善策を見出し、それを実行していく上でのサポートまで、
それぞれの段階において分析や検討の繰り返しが必要となるのです。

企業再生

無料レポートダウンロード|企業再生

▲ このページのTOPへ戻る